オールインワンゲル化粧品おすすめ人気ランキング

オールインワンBeauty

成分別オールインワンゲル

ノンシリコンのおすすめオールインワンゲルは?

投稿日:

シリコン

最近はシャンプーやコンディショナーに増えている「ノンシリコン」ですが、実は化粧品のほとんどにシリコンは使われています。

シャンプーにノンシリコンが増えていることからシリコンのイメージはあまりよくありませんが、シリコン自体は安全性の高い物質です。ただ、化粧品に使われることによってデメリットがあることも事実です。

ここでは、そんなシリコンの影響や数少ないノンシリコンのオールインワンゲルについてご紹介していきます。

シリコンの影響は?

シリコンはケイ素系の合成ポリマーで、特にジメチコンという成分がよく使われています。

化粧品の成分にジメチコンという表記があればシリコンが配合されているということになります。

ジメチコン以外にも、シクロメチコン、ジメチコノール、アモジメチコン、シクロペンタシロキサンといったシリコンがあります。

では、そもそもこれらのシリコンは何のために使われているのでしょうか?

その理由としては、主にシリコンには水をはじく撥水性があり、皮膜でコーティングしてくれる働きがあるためです。

髪の毛に対しては、痛んだ髪をコーティングしてくれることで、髪の毛を補修してくれたり、化粧品に使われている場合は、肌の表面をつるんとなめらかにしてくれる効果があります。

ウォータープルーフや日焼け止め、下地クリームなどにも使われています。

なので、化粧前にシリコン配合のオールインワンゲルを塗っておくと化粧のノリもよくなります。

シリコンの肌へのデメリット

このようにシリコンには保護膜のような働きがあり、安全性が高く、コンタクトレンズやティッシュなどにも使われています。

これだけ聞くとなぜノンシリコンの需要が高まっているかわかりませんよね。

シリコンの影響には賛否両論ありますが、シャンプーやオールインワンゲルに使われる際にはデメリットも考えられます。

毛穴が詰まる

シリコンのデメリットは毛穴が詰まってしまうことです。

シャンプーの場合は頭皮に悪影響を与えてしまったり、肌に使う場合は毛穴のつまりからニキビや吹き出物といった肌トラブルにつながってしまう可能性があります。

このことから、大人ニキビなどの肌荒れを改善したい場合はノンシリコンのオールインワンゲルを選ぶのが無難と言えます。

落ちにくい

また、シリコンのコーティングは水をはじく皮膜でできているのでなかなか落ちません。

しっかりと落とさずに肌に残ってしまうと毛穴が詰まってしまいます。また、しっかりと落とすためには洗浄力の強いくレンジングなどが必要となるため、その刺激によって肌のバリア機能が低下してしまうことがあります。

 

その他にも、環境によくないとされているのも悪いイメージがある理由の一つです。

おすすめのノンシリコンオールインワンゲル

このように、シリコン=悪というわけではありませんが、肌質によってはノンシリコンを選ぶほうがいい場合もあります。

数少ないノンシリコンのオールインワンゲルの中でも最もおすすめなのが「メディプラスゲル」です。

無添加

メディプラスゲルは、シリコンだけでなく、パラベンやフェノキシエタノール、石油系界面活性剤、石油系乳化剤、合成香料、合成着色料、鉱物油なども一切使用していない無添加にこだわったオールインワンゲルです。

刺激が少ない上にクオリティーが高いため、敏感肌・ニキビ肌の方にもおすすめできます。

-成分別オールインワンゲル

Copyright© オールインワンBeauty , 2020 All Rights Reserved.