オールインワンゲル化粧品おすすめ人気ランキング

オールインワンBeauty

成分別オールインワンゲル

防腐剤・パラベンフリーのオールインワンゲルでおすすめは?

投稿日:

防腐剤フリー

化粧品を選ぶ際の基準の一つとして、防腐剤パラベンフリーのものを使いたいという方も多いと思います。

防腐剤は食品や化粧品において腐敗を防ぐための役割がありますが、防腐剤や界面活性剤が配合されたコスメは肌への刺激となり、シミやしわを増やしてしまうといった情報もあり、あまり良いイメージはありませんよね。

ここでは、そんな化粧品に含まれている防腐剤・パラベンのデメリットやおすすめの防腐剤・パラベンフリーのオールインワンゲルなどについてご紹介していきます。

防腐剤は肌に悪い?

先程もお話しましたが、防腐剤は食品などを腐敗させてしまうのを防ぐ働きがあり、化粧品の場合も同じように製品の品質を保つために使われています。

化粧品に使われている防腐剤は、定められた含有基準量内で配合されていて単純に防腐剤=悪というわけではありません。

ただ、肌質は人それぞれです。中には化粧品中の防腐剤でアレルギーなど皮膚障害を引き起こしてしまう人もいるため、敏感肌で防腐剤が肌への負担になってしまう可能性がある場合は防腐剤・パラベンフリーのものを選ぶのがいいでしょう。

実は有名なブランドの化粧品よりもオールインワンゲルの方がやさしい成分を使っているということもよくあります。

ただし、防腐剤が使われていない化粧品は、開封後は長期の保存ができないというデメリットがあるため、できるだけすぐに使い切るようにしましょう。

防腐剤に使われている成分

化粧品に使われる防腐剤としてはいくつかありますが、特にパラベンとフェノキシエタノールが代表的な成分です。

パラベン

パラベンにはメチルパラベンやエチルパラベンなどの種類があり、パラオキシ安息香酸エステルなどとして表示されています。

実はパラベンは化粧品だけでなく、食品や医薬品、歯磨き粉などにも使われている意外と身近な成分です。

毒性が比較的低いとされていますが、旧厚生省がアレルギーや発がん性の可能性がある成分として指定したことから良くないイメージがついてしまったようです。(旧表示指定成分)

また環境ホルモンの可能性も指摘されていました。

パラベンに関しては賛否両論ありますが、少量で優れた防腐効果を持つことから、使用上限1.0%という規定のもと多くの化粧品に使われています。

フェノキシエタノール

上記のような理由からパラベンフリーの化粧品が多く出てきましたが、パラベンフリー=防腐剤フリーというわけではありません。

そのようなパラベンフリーを謳う化粧品には、表示指定成分には含まれないフェノキシエタノールというグラム陰性菌に効果的な防腐剤が使われていることが多いです。

ただ、このフェノキシエタノールもパラベンと毒性は変わらない、もしくはパラベンよりも毒性が高いとも言われていて、使用する量もパラベンよりも数倍多く必要となってしまいます。

なのでパラベンフリーだからといって肌に負担がないとも言い切れないのです。

おすすめの防腐剤・パラベンフリーオールインワンゲル

化粧品に含まれる防腐剤に対してそれほど神経質になる必要はありませんが、やはり肌質によっては肌のトラブルになってしまうことがあります。特に最近は敏感肌の方が増えているとも言われています。

そんな防腐剤・パラベンフリーのオールインワンゲルとしては「メディプラスゲル」がおすすめです。

通常パラベンフリーと表示している化粧品には、代わりにフェノキシエタノールが配合されているものがほとんどですが、このメディプラスゲルはパラベンもフェノキシエタノールも無配合の防腐剤フリー化粧品です。

さらに、香料や合成界面活性剤、着色料、鉱物油なども無添加なため、極めて肌への負担が少ないオールワンジェルと言えます。

-成分別オールインワンゲル

Copyright© オールインワンBeauty , 2020 All Rights Reserved.