オールインワンゲル化粧品おすすめ人気ランキング

オールインワンBeauty

成分別オールインワンゲル

オイルフリーでおすすめのオールインワンゲルは?

投稿日:

油分

ほとんどの化粧品にはオイルが使われていて、油分でフタをして保湿をするというスキンケアがもはや常識となっています。

ただ、そのオイルは肌質によってはトラブルを引き起こしてしまったり、ベタついてしまうといったデメリットがあり、「オイルフリー」や「オイルカット」、「ノンオイル」を謳う化粧品もいくつかあります。

ここではそんなオイルのメリット・デメリットやオススメのオイルフリーオールインワンゲルをご紹介します。

オイルのメリット・デメリット

ポイント

オイルは保湿としては効果的ですが、肌への負担となってしまうことも考えられます。それぞれのメリット・デメリットを知った上で、自分の肌質にあったオールインワンゲル化粧品を選ぶことが大切です。

メリット

オイルのメリットは何といっても保湿力です。油分には肌にフタをして水分が飛んでしまわないようにする役割があり、乾燥を防いでくれます。肌の乾燥は様々なトラブルを引き起こしてしまうのです。

そのため、乾燥肌の場合はオイルフリーでは物足りなく感じてしまうことがあります。

デメリット

オイルのデメリットとしては、

  • 油分が肌への刺激となってしまう
  • 油分が酸化されて過酸化脂質となり、肌のトラブルを引き起こしてしまう
  • 油分がニキビの原因菌であるアクネ菌のエサとなってしまう
  • ベタついてしまう

といったことが挙げられます。

また、オイルフリーの化粧品の場合は、油分でフタをしないため、肌本来の油分を生み出して乾燥を防ぐ力を正常に働かせることができるといったメリットもあります。

これらのことから、敏感肌やアトピー肌、ニキビ肌でより低刺激な化粧品が使いたい場合や脂性肌でベタつかずさっぱりした使用感のものを使いたいという場合などにはオイルフリーのオールインワンゲルを試してみる価値はあります。

オイルフリー化粧品を選ぶときのポイント

選び方

このようなオイルフリーのメリットを生かすためにも、オールインワンゲル化粧品選びは重要なポイントとなります。添加物が使われていないことと、保湿成分がしっかりと含まれていることが大切です。

余計な添加物が入っていないもの

オイルフリー化粧品には添加物が含まれているものが多く、特に石油系の合成界面活性剤や合成防腐剤、合成香料、合成色素、鉱物油などは、刺激が強く、肌に大きな負担をかけてしまったり、使い続けることでどんどんと蓄積されてきてしまいます。

オイルフリーオールインワンゲルを選ぶときは無添加のものを選ぶようにしましょう。

保湿成分がしっかりと含まれているもの

ノンオイルの化粧品を使う場合は、油分でフタをしないかわりに、しっかりと保湿成分で肌を潤わせてあげる必要があります。

オイルフリーのオールインワンゲルを使って、もし乾燥が気になってしまう場合は、一度肌に塗ってから乾いてからまた塗るということを2~3回繰り返すと乾燥がかなり改善されます。

オススメのオールインワンゲル

アクアゲルマジェル

そんなオイルフリーのオススメのオールインワンゲルは「アクアゲルマジェル」です。

アクアゲルマジェルは、オイルフリーな上にリピジュアやヒアルロン酸Naなどの潤い成分でしっかりと保湿してバリア機能を高めてくれるため、敏感肌やアトピー肌、大人ニキビ肌にとってはありがたい化粧品です。

油分だけでなく、防腐剤、殺菌剤、界面活性剤、香料、紫外線吸収剤、合成色素といった成分も使われていない無添加化粧品で、赤ちゃんの肌でも安心して使うことができるくらいの優しく低刺激なオールインワンゲルです。

-成分別オールインワンゲル

Copyright© オールインワンBeauty , 2020 All Rights Reserved.