オールインワンゲル化粧品おすすめ人気ランキング

オールインワンBeauty

成分別オールインワンゲル

ノンアルコールのオススメオールインワンゲルはこれ!

投稿日:

アルコールフリーオールインワンゲル

化粧品を選ぶときの条件として、ノンアルコールのものを選びたいという人も多いのではないでしょうか。アルコールは肌質によってはメリットとなることもデメリットとなることもあります。

しかし、最近ではアルコールフリーを謳うオールインワンゲルもたくさんあって、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、ここではアルコールのメリット・デメリットやオススメのノンアルコールオールインワンゲルについてご紹介していきます。

そもそもなんで化粧品にアルコールが入ってるの?

ノンアルコール

化粧品に含まれているアルコールは基本的にエタノールです。エタノールはお酒に入っているアルコールで、化粧品に使われるときにはいくつかの目的があります。

化粧品の品質のため

まず、肌への効果だけでなく、化粧品の品質のためにもアルコールは使われています。アルコールは化粧品の成分や色素、香料を溶かしやすくし、化粧品を安定な状態に保ってくれる役割があります。

収れん作用

よく、収れん化粧水というものを耳にしますが、これは、毛穴や肌を引き締める効果があります。アルコールによって肌の熱がうばわれることで、毛穴が引き締まるため、毛穴が気になるという場合には効果的です。

殺菌作用

アルコール消毒という言葉はよく聞きますが、まさにエタノールには殺菌効果があり、アクネ菌が原因となるニキビ肌に効果を発揮してくれたり、他にも、化粧品の防腐効果の役割もになっているのです。

なので、アルコールフリーなど無添加の化粧品を使う場合は、その保管方法にも気をつける必要があります。

清浄効果

アルコールは拭き取り化粧水としてもよく使われています。これは、アルコールに肌の余分な皮脂や汚れを取り除いてくれる力があるからです。

そのため、脂性肌で悩む人にとってはメリットとなります。

使用感のため

そして最後に、使用感をよくするという効果もあります。化粧品を使ってスーっとするとかなりスッキリしますよね。特に皮脂の多い夏や脂性肌の場合はクセになってしまう使用感です。

これはアルコールが揮発するときに熱をうばう効果があるためで、つい化粧水が浸透していると感じてしまいますが、実際にはただエタノールが気化しているだけなのです。ただ、化粧品の成分の浸透をサポートしてくれる役割はあります。

 

このように、アルコールにはきちんと役割があり、アルコールが悪いというわけではなく、オイリー肌やニキビ肌にとっては嬉しい効果もあります。

ただ、肌質によってはやはり合わないこともあるので、そのような場合はノンアルコールのオールインワンゲルを選ぶ必要があります。

アルコール配合の化粧品をオススメしない人

敏感肌

このように、アルコールには揮発性があり、肌の熱や水分を奪ってしまうことと、皮脂を取り除いてくれる効果から、それが逆に肌への刺激となってしまったり、乾燥の原因となってしまうことがあります。

 

乾燥肌の場合は、肌の乾燥が悪化してしまい、バリア機能が低下してしまったり、敏感肌・アルコール過敏症の場合は、肌がヒリヒリしてしまったり、赤みが出てしまうことがあるのでノンアルコールのものを選ぶ必要があります。

また、日焼け止めもアルコールフリーのものを選ぶほうがベターです。

オススメのオールインワンゲルはこれ!

オールインワンゲル

そんな数あるアルコールフリーのオールインワンゲル化粧品の中でもオススメが「メディプラスゲル」です。メディプラスゲルはオールインワンゲルの中もで安くて人気があり、聞いたことがあるという人も多いと思います。

この化粧品は、アルコールが一切使われておらず、さらにパラベンや香料、着色料、合成界面活性材、合成乳化剤、鉱物油なども使われていないため、肌への刺激が極力少ない化粧品で、敏感肌・乾燥肌の方にもオススメできるオールインワンゲルです。

-成分別オールインワンゲル

Copyright© オールインワンBeauty , 2020 All Rights Reserved.